MENU

関西から関東の引越しはプロスタッフが安くします

関西から関東といった長距離の引越しは相場も高く、知らずに見積もりを取るとあまりの高さに驚きます。特にこのような形態の引越しは業者間の料金差が大きくて、知らずに一社だけで決めてしまうと損をしてしまう可能性が高いです。

 

近場の引越しでも2〜3万円の料金差は当たり前ですから、高額な長距離引越しになると10万円以上の差がついてもちっとも不思議ではありません。

 

複数の引越し業者から見積もりを取るのも大切なのですが、長距離引越しが得意な業者から見積もりを取ればより安い費用で引っ越しをすることができます。

 

もしあなたが関西から関東の引越しを予定されているなら、ぜひプロスタッフに声を掛けてください。長距離引越しを得意とし格安の料金でも丁寧な作業でおすすめの会社ですよ。

 

プロスタッフの公式サイトへ

関西から関東の引越しがなぜ安いの?

プロスタッフは元々関西の京都府から創業し、関東の神奈川県にも支店を出店するに至りました。競争が激化する業界で長距離引越しに活路を見いだし、混載便によって運輸コストを下げることで引越し専門の丁寧な運搬を心掛けながらも格安の料金で提供できるサービスに育て上げました。

 

関東への出店は、トラックを空荷で走らせないための努力の一つです。今では関西に京都本店と阪神支店、関東に横浜支店、千葉支店を出店し、両拠点間でトラックを無駄なく走らせるように便集めに奔走しています。

 

他府県への長距離引越しについても地域密着の引越し業者と手を結ぶことで格安では提供できますが、プロスタッフが特に得意とするのは関西から関東への引越しです。

 

長距離引越しは近距離の場合と比較しても、人件費、高速代、燃料代とコストがとにかく掛かり、チャーター便でトラックを走らせているような引越し業者の場合は、驚くような見積もりが出ます。

 

関西から関東への引越しのような場合には、どのような方法で輸送するのかを見積もり時に聞いてみるのも良いかもしれません。

 

電話による見積もりで相場を確認できます

プロスタッフでは引越しの見積もりにおけるコストを削減するために、特に荷物が少ない単身引越しの場合に限り電話で料金を提示しています。

 

家族の引越しのような荷物が多い場合でも他社による訪問見積もりが終わって、荷物量が分かっているのであれば電話で相場をお知らせできることもあります。

 

トラブルを防ぐために、最終的には訪問見積もりをお願いするかもしれませんが、とにかく関西から関東の引越しの相場を知りたい、より安い引越し業者を知りたい方はプロスタッフの電話見積もりを活用してください。

 

また、混載便による引越しの場合は、より早く連絡していただいたり、お届けまでの日数に猶予をいただくことでより安い料金で提供できる場合がありますので合わせてご検討ください。

 

 

プロスタッフ所在地

関西方面
本社営業所

〒614-8184 京都府八幡市上津屋八丁27
TEL 075-983-3751/FAX 075-983-3191

阪神支店

〒554-0032 大阪府大阪市此花区梅町2丁目2-82
TEL 06-4804-7888/FAX 06-4804-6889

関東方面
横浜支店

〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽町2073
TEL 045-540-0783/FAX 045-540-0784

千葉支店

〒263-0001 千葉市稲毛区長沼原町208-1
TEL 06-4804-7888/FAX 06-4804-6889

もっと長距離引越しの費用を安くする方法

もし、関西から関東への引越しの見積もりをプロスタッフから取ったけど思っていたより高かった。そんな時でもまだまだあきらめる必要はありません。

 

引越し費用を安くする方法はまだ他にもあります。関西から関東への引越しを少しでも安くするためにぜひ以下の方法を駆使してください。

 

繁忙期を外して閑散期に引越しをする

繁忙期の引越し費用の相場は閑散期と比較しても大きく上がり、費用的な負担は大きくなります。まして元来高額な関西から関東への長距離引越しであれば、業者によっては依頼を断る前提であえて相場以上の高い見積もりを出してくることもあります。もし閑散期に引越しをずらすことができるのであれば、時には半額以下の料金も見込めます。

 

ちなみに繁忙期は3月下旬から4月上旬までになりますが、昨今では繁忙期を回避するために2月下旬や3月全般も需要が上がっています。

 

とは言え本当の繁忙期からしたら相場は安くなる傾向にあります。またそれ以外の月はほとんどが閑散期と呼んでも問題ないかと思いますが、月末よりも月初から中旬の平日に引越しをすることでより安い見積もりを得ることができます。

 

持っていく荷物を減らす

関西から関東など距離が遠いとそれだけ1つ1つの荷物に対する運搬費用は上がっています。少しでも荷物を減らせばそれだけ引越し費用は安くなるので、交換時期が近付いているような古い荷物は処分する対象とした方がよいかもしれません。

 

中でも大型の家具、家電や自転車などの嵩張る荷物は費用対効果が大きいのでおすすめです。荷物の処分についてもリサイクルショップやメルカリを利用するなどして極力処分費用が掛からないように努力しましょう。買い取り額によっては引越し費用を大きく賄えるかもしれません。

 

ダンボールの個数も少なくて済むように、一つ一つにしっかり詰め込めることも大切です。食器などの隙間が出来やすい物はタオルなどの柔らかいものと一緒に梱包することで隙間も埋められるしクッション性も上がり破損回避に役立ちます。

 

到着時間を指定しない

長距離引越しは時に大渋滞に巻き込まれることにより到着時間を守れないこともあります。また混載便は運搬するルートによっては遠回りを余儀なくされることからコストアップにも繋がります。お客様の都合もあるでしょうが、到着時間をしないことでより安い見積もりを受けられる可能性がアップします。

 

ダンボールを自分で手に入れる

ダンボールを契約によってプレゼントしてもらえるサービスは多くの引越し業者で採用していますが、実は意外に高価な物です。1枚1枚の単価はそれほどではなくとも家族荷によっては50枚、100枚と必要な家庭も多いと思います。

 

もし、知り合いが最近引越しをしてダンボールをもらえるといったタイミングにあるなら、そのことを条件に引越し業者と値引き交渉できるかもしれません。ちなみに、スーパーやホームセンターでもらえるダンボールは強度不足の場合も多く、サイズも不揃いなことから荷物が多い家族引越しでは使わない方が無難です。

 

荷物が少ない単身引越しであれば、強度的に問題ない物に限って使えると思います。あまり負担にならず自分で手に入れることができるなら試してみる価値ある方法です。

 

荷造りは自分でしよう

引越し業者による梱包サービスはとても便利ですが、積み込みするのとほぼ同じ時間が掛かることから、単純に1.5倍程度の費用が掛かります。自分で小物を梱包すれば、それだけ関西から関東の引越しも安くできるので、余裕があるなら頑張りましょう。

 

ちなみに引越し業者のスタッフなら4t分の荷物は4人で2時間から3時間で梱包をしてしまいます。余裕を持って早めに荷造りを始めればきっとあなたでもやり切れるはずです。

 

↓関西から関東の引越しを安くしたい方はプロスタッフにご相談ください↓