関西から関東の引っ越しのコストを下げて料金を安くする輸送方法

MENU

関西から関東の引っ越しのコストを下げて料金を安くする輸送方法

関西から関東のような長距離の引っ越しはいかに輸送コストを下げられるかが料金の安さに直結します。

 

一般的に一番高いのがトラックによるチャーター便です。そのお客様の為だけにトラックを走らせるために到着時間等の融通が利くのはメリットですが、トラックを走らせるための燃料費、高速代金、人件費はそのまま引越し料金に跳ね返ってきます。

 

この輸送コストを少しでも安く下げる走り方が混載便やコンテナ便を使った輸送方法です。

 

混載便は、1台の大きなトラックに複数のお客様の荷物を積み合わせて長距離間を走らせます。トラックが大きくなることによる燃費の悪化や高速代金の高額化はありますが、おおむね1台のトラックを走らせるよりもコストは安くなります。

 

コンテナ便はJRやフェリーなどを使って輸送します。混載便が集まらないような地方であっても安くできますが、コンテナ1台単位での契約となるために、中途半端な荷物量だと利用しづらいのがデメリットです。

 

さらに輸送コストを抑える方法として関東から関西へ引っ越ししたトラックの帰り便を狙う方法もあります。空荷で帰るトラックをちょうど見つけることができれば、引越し業者としても大助かりなので相場よりはるかに安い料金で契約できるかもしれません。